MC-1000 事例1 (CATV自主放送での運用事例)

概要   【某CATV様】
 MC-1000は、CATV放送用途に特化したMPEG-2低レート対応エンコーダです。 アナログからデジタルへの移行時に、帯域不足による自主放送チャンネル数の確保でお困りの方に最適の装置です。

 フレームレートを最小2fps~とすることで、約500Kbps~の低ビットレートでの自主放送を可能としました。 自治体の地域情報、行政情報、防災情報等の静止画文字情報等や、情報カメラの映像をコマ送り方式でエンコード致します。

某CATV様にて実際に運用されている構成をベースに、掲載しております。
システム選定のポイント
・CATVデジタル移行時、狭帯域でも自主放送チャンネル数を確保出来ます
・SD放送 約300kbps~ / HD放送 約1.0Mbps~の運用が可能です
・アナログ入力(RCA)とデジタル入力(HD-SDI/SD-SDI)を標準装備しております
・映像 MPEG-2,音声AAC-LC(2ch)に対応しております
・既存デジタル設備に設置するだけで運用出来ます

システム構成


MC-1000を下図のように既存デジタル設備に設置するだけで運用出来ます。
※MC-1000の製品スペック等、詳細はこちら


図 1 構成例


解決すべき課題


 CATVは放送設備のアナログからデジタル化に伴い、限られた帯域で自主放送のチャンネル数を 確保するのが困難になってきております。

 例えば従来アナログで複数チャンネル運用出来ていたものが、デジタル化での帯域制限で チャンネル数減を余儀なくされるケースなどが発生しております。

ご提供するソリューション


 現状の放送は、フレームレートが30fpsですが、自治体の地域情報、行政情報、防災情報等は静止画が多く、 フレームレートを減らしても視聴者には違和感が生じません。 当社はこの点に着目し、フレームレートを抑えることにより低レート化を実現し、この課題に対処いたしました。

 運用も簡単で、既存の変調設備のエンコーダとして設置するだけです。 行政情報、防災情報、地域情報などの文字放送の他、監視映像などの利用が可能です。

運用参考例 (ダウンロード)
1 :文字放送


・SD画像


・ビデオレート250Kbps(1fps)


・音声AAC2ch/128Kbps


※概要はこちら (pdf形式,244KB)

2 :監視カメラ放送


・HD画像

・ビデオレート1Mbps(1fps)

・音声AAC2ch/128Kbps

※概要はこちら (pdf形式,254KB)


※ストリームはこちら (ts形式,11.7MB)
 Youtubeでもご覧いただけます。(http://www.youtube.com/watch?v=cPjZQMlcku0)
NAVIGATION Tree
english