HLD-540DC | H.265/HEVCデコーダ&H.264コーデック

概要
 HLD-540DC は、自社開発のHEVC/H.265デコーダ及びMPEG-4 AVC/H.264対応コーデックコアを搭載したマルチスタンダード対応のスタンドアロン型ユニットです。

 放送市場においては24時間/365日の連続稼働が求められ、これに対応すべくハードウェア・デコード処理による安定動作を実現しております。また、放送素材には色再現性の高いカラーフォーマット4:2:2 が使われているため、このフォーマットをサポートする“Range Extensions”(10bit, YUV422)規格にも対応しております。

 伝送用のインターフェースとしては、IP伝送用に100BASE-TX、1000BASE-Tを各1ポート、FPU伝送用にDVB-ASIを1ポート装備し、他にRS-232Cポート、同期信号(GenLock)入力を装備し、筐体サイズを1/3Uサイズ(H:39mm W:146mm D:185mm)の小型サイズで実現致しました。
  HLD-540DC画像
拡大

HLD-540DC 前面画像
HLD-540DC前面画像
拡大

HLD-540DC 背面画像
HLD-540DC背面画像
拡大
特徴
  HEVC/H.265デコーダ&MPEG-4 AVC/H.264コーデックに対応 モード切替でH.264コーデック、H.265デコードに対応

  自社開発のHEVC/H.265ハードウェアデコーダコアを搭載 ハードウェアデコード処理による安定動作を実現

  Range Extensions(10bit, YUV422)に対応 高精細が必須の素材伝送に対応

  IP伝送 と DVB-ASI伝送 に対応
IP(Gigabit Ethernet): IPv4/IPv6、FEC、ARQ に対応
DVB-ASI: FPU の外付けコーデック等に利用可能

  1/3U (A5相当)のコンパクトな筐体 H:39mm W:146mm D:185mm筐体の小型サイズ

  SNMPに対応 各種MIB情報からの監視や、問題発生時のSNMP Trapの発行が可能


※製品の仕様・外観は予告なく変更されることがあります。
※カスタマイズも承っております。詳しくはお問い合わせください。
NAVIGATION Tree
english